香水を楽しむ。

ぱふゅ~む

香水の正しい付け方について

香水とは匂いのついた水で、高価なものから安い値段のものまであります。香水を使用している人は、たくさんいますが、そのほとんどが間違ったつけ方をしているそうなので、今回は正しい付け方を紹介します。バスや電車でキツイ匂いの人がいますが、そこは公共の場所なので他の乗車している人の迷惑になってしまいます。匂いがキツイ人は、香水を振りすぎている、または汗と混じって匂いがきつくなってしまう。などが挙げられています。通常1、2プッシュででもつけていない人には匂いがよくわかりますので、使用する際は少量が良いでしょう。香りを長持ちさせたい人は、お腹や足などの下半身につけると時間とともに香りが上に上がってくるのでおすすめですが、この時つけた所を叩いたりこすったりしないでください。匂いが飛んだり、本来の匂いが変わったりする原因となる行為ですが、意外とやっている人が多いそうですので注意して使用してみてください。そうすることで素敵な香りを楽しめます。

ふわっと香る正しい香水の付け方

よく街中や電車などで上品な香りのする方がいますが、それは香水の香りや種類だけではなく付け方にあります。実は付け方一つでで人の印象は大きくかわります。よくしがちな手首などにつけて擦るやり方は実は香りの成分を潰してしまっているため香りが続かなくなってしまいます。また、耳の後ろや首もとですが、ここは人の嗅覚に一番近い場所になるため少量をつけたつもりでも相手にとっては香りが強すぎてしまいます。どうしてもそこにつけたい方は一度指にふりかけてから首筋などにつけてあげると香りが強すぎる事は少なくなります。ほどよく香るには下半身周辺につけるのがポイントです。首もとなどと同じように上半身は人の鼻に近い場所になるため他人には強いと感じてしまわれがちなので、膝裏や太ももなど体温が少し高めのところにつけるとほどよく香らせる事もできます。立った時や座ったときなど足を動かす動作をしたときにふわっと香ります。香水に慣れない方はまず空気場に一度シュッとしたところをくぐって見ることから挑戦してみるとふんわりとした香りを身にまとうことができ良いです。最後に香水は家を出る30分前につけるのが香りも緩和されベストです。

COPYRIGHT(C)2015 ぱふゅ~む ALL RIGHT RESERVED